結婚のお祝いのギフト

結婚にはお祝い金を送ることが多いですが、それだけでなくお祝いのギフトを贈ることもよくあります。基本的に、お祝いのギフトは挙式の1週間位前までには、相手の自宅に届くようにします。昔は吉日の午前中に持参するのが常識とされていましたが、今では百貨店やお店から直接配送するのが一般的になっています。わざわざ相手の自宅へ持って行くと言うことは、あまり見られなくなってきました。また、新郎新婦が披露宴の招待状の発送前に品物を贈ってしまうと、披露宴への招待を催促しているように受け取られる可能性があります。ですから、品物を贈るなら披露宴の出欠が決まってからにしましょう。

披露宴に招待されなかった場合は、挙式後に品物を贈ってもよいのですが、できる限り早く贈るようにしましょう。最近、どう言う品物を贈ればいいのか悩む人も多いです。これから始まる新生活で役に立つものなら何でもいいのですが、中には贈ってはいけない品物もあります。ガラス類は割れると言う言葉を連想させるので、結婚祝いには向いていません。刃物類も縁を切ると言うイメージがあり、タブーとされています。しかし、包丁は人生を切りひらくと言う意味があり、贈ってもかまいません。

イチオシサイト

Copyright (C)2017ギフト選びは楽しくて難しいお買い物.All rights reserved.