結婚祝いのギフトについて

結婚祝いのギフトを選ぶ際は、悩むことも多いですが、一人で贈るかグループで贈るかなどを考えるとスムーズです。最近は、一人で贈るよりもグループで贈ることが多いです。グループだと高価な品物を用意しやすいので、この方法が選ばれています。また、一人で贈るにしろグループで贈るにしろ、金額を設定しなければいけません。基本的に、披露宴に招待された場合は一人2万円から3万円、招待されていない場合は、最低でも一人3千円位です。お祝い返しを遠慮することを考えて、少額に抑えることも多くなってきています。また、親しい間柄なら本人に直接何が欲しいのか聞くのもいいでしょう。

どこのブランドの何が欲しいか、色はどんなものがいいかなどを聞き、それを贈るようにすれば確実に喜んでもらえます。本人の希望がはっきりしていない場合は、品物ではなくてギフトカードを贈ると言う方法もいいと思います。百貨店やカード会社の商品券は非常に使い勝手が良く、旅行券など新郎新婦の趣味に合わせて贈るのもいいでしょう。ちなみに、贈るタイミングが無かった、どうせ挙式の時に会うからと言ってお祝い品を披露宴会場に持っていく人がいますが、これはマナー違反です。
Copyright (C)2017ギフト選びは楽しくて難しいお買い物.All rights reserved.